ronri_logo.png

出口式みらい学習教室

オフィシャルHP

代々木ゼミナール、東進ハイスクールの講師を歴任し、「国語の文章を論理的に読解する手法」を授業に取り入れ、一躍人気講師となる。2003年に発行した『論理エンジン』は、国語を感覚的に解くのではなく、筋道を追って論理的に解くことの重要性を解き、全国公立私学250校以上が採用するなど、大ヒットを記録。現在も『論理エンジン』の普及と日本の教育の改革を目指し、全国で公演をするなど、まさに「論理」で世直しに挑む現代文のカリスマである。

  【開発者】出口 汪 (でぐち ひろし) 

究極の論理教育

国語の文章読解学習をシステム化した「論理エンジン」の出口汪が、激動の時代に備えるために立ち上げた「出口式みらい学習教室」。学習内容は、学校の授業とは根本的に異なり、より論理的でより実践的な知力と思考が身に付きます。そして激動の社会を生き抜くために必要となる、本当の “人間力” 習得につながるのです。

​「教える」よりも「学ばせる」。

教育には「教える教育」と「学ばせる教育」があります。教える教育は「解答能力」を付けることを目的に、暗記や計算することが学習の中心。これではあらかじめ用意された答えを忠実に実行する“ロボット人間”が出来上がるだけです。また「教える」ことは「できる・できない」の評価につながり、勉強嫌いの子どもを作る要因にもなりかねません。「出口式みらい学習教室」は、学ばせる(自分で考えさせる)指導がメイン。決して用意された答えを与えるようなことはせず、子どもたちが自らの力で一つひとつ“真実”を発見していく過程を大切にします。自分で考え抜くことによって、学ぶ楽しさを実感し、「真実」を発見した子どもたちは目を輝かせるのです。

子どもと一緒に、保護者も学ぶ。

「出口式みらい学習教室」の最大の特色と言えるのが、お子様だけでなく、保護者の方も一緒に授業を受けていただくことです。これは単なる付き添いではありません。しっかりカリキュラムに取り組んでいただきます。実は私たちも含めて“古い教育”を受けた大人は、「国語はこうあるべき」「算数はこうあるべき」という固定観念が脳に出来上がっています。そこを一旦、まっさらにしていただくためにも、子どもたちと一緒に授業を受けることが必要なのです。お子様の成長を目の当たりにしながら、新鮮な学びに刺激を受け、「楽しさ」や「必要性」を実感していただきたいと考えています。

国語が苦手な子どもは「勉強の仕方がわからない」とよく言います。実は「教え方が難しい」と悩む教師もいるのが国語です。しかし「論理的​」な視点で国語を捉えれば、簡単に正解を導き出すことができます。例えば長文読解の場合、その問題は、ある作品の一場面を出題者が意図的に抽出して作られます。そのため自分の主観で読むのではなく、日本語の規則、つまり「論理」を意識したり、どんな根拠や意図をもって設問を作ったのかといった点に着目しながらより「客観的」に読むことで見えてくる「論理の世界」があるのです。幼児童で「論理」を学ぶのは難しく、まだ早いと思われるかもしれません。それでも言葉を覚えるのと同じ感覚で論理を学ぶことができれば、自然と論理が身に付き、将来的に子どもたちの本当の財産となります。つまり未来に生かせる力、「論理的読解力・思考力・表現力」を飛躍的に伸ばすことができるのです。

幼児も簡単に「論理」を学べる。

芸術やスポーツの能力もアップ!

「出口式みらい学習教室」の願いは、子どもたちが将来、社会にでたときに活躍できる能力を身に付けること。いわば「人格の完成」を目指し、そのために必要となる「人間力」を学ぶのです。そして、その効果は「勉強」だけとは限りません。独自の人間能力全般を成長させる学育メソッドにより幼児童期に育んだ高い「人間力 」は、「勉強」の領域を超え、芸術やスポーツなど多彩ば分野の才能として花開くこともあります。受験校の合格はあくまで通過点。幼児期から学び、積み重ねた能力は、将来的にさまざまな可能性をカタチにしていきます。

- 教材・教具 -

​\遊び感覚で学びを発見/

- 教室概要・授業時間 -

対象  : 2歳~小3まで※2020年度から小6まで

入会金 : 10,800円

月謝  : 1科目10,800円(論理国語)  2科目20,800円(論理国語+論理算数)

出口式認定証.png

●火曜日10:00~10:40(幼児) 16:00~18:00(幼児〜小学生)

 

●金曜日10:00~10:40(幼児) 16:00~18:00(幼児〜小学生

 幼児40分、小学生50分(人数に応じて、曜日、時間帯増加予定)

〜 進学塾abc 塾長 宮川より 〜

私はすべて教科の土台となっている国語力(言葉や日本語の能力)の重要性を、20年以上塾で指導してきて、嫌というほど体験してきました。文章を理解して考えることが出来ない子どもたちがなんと多いことか!国語を感覚的に解くのではなく、筋道を追って論理的に解く『論理エンジン』という革命を起こした現代文のカリスマ出口汪先生がこのたび、幼児期向けに教室展開することになりました。私は運命の出会いだと直感し、このたび岐阜県で初めて同志として教室展開に参加することにしました。

出口先生曰く、大学受験から始まった『論理エンジン』ですが、高校→中学と年齢を下げても、今までの古い教育(国語をセンス、読書量で解決)が邪魔をして「論理」を定着させることが難しいようです。世界の最先端の研究では、人間の脳は6歳頃までに約80%が発達し、12歳頃までにほぼ100%まで完成することが明らかになっています。だから、幼児期の学習は非常に重要です。2020年の教育改革、AI(人工知能)の時代を生き抜く「人間力」の鍵となる「論理力」を楽しみながら、身に付けませんか?

山県市 塾

〒501-2113  岐阜県山県市高木1570-1-3F 井上写真館3階)

copylight©2017-2019 abc ink. All rights reserved.